株式会社KENドリーム

観光バスと旅のご用命は株式会社KENドリーム

運輸安全マネジメントに関する取組み

 

 ㈱KENドリームは、経営トップから現場まで一丸となり安全管理体制を構築・改善し、輸送の安全性の向上をはかっています。
目標や計画の達成に向け、安全教育の定期的な実施、各種事故防止運動の実施など、積極的に取り組んでいます。

 

 

輸送の安全に関する基本的な方針

 

1 社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たしてまいります。
  また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であると
  いう意識を徹底します。

 

2 輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act)を確実に実施し、安全対策を不断に見直すことにより、全社員が
  一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表致し
  ます。

 

輸送の安全に関する目標

 

<2019年度目標>

 ● 死亡事故・人身重傷事故 0件

 ● 物損・自損事故 5件以内

 

<2018年度状況>

 ● 死亡事故・人身重傷事故 0件

 ● 物損・自損事故 6件以内

 

輸送の安全に関する予算等の投資額

 

<2019年度予算>

新型車両導入費

  60,000,000円(大型1台予定)          

安全教育費用(適性診断・健康診断・社内研修等)

  350,000万円

法令点検整備及び修理費(11両)

  8,500,000円

無事故手当

  1,800,000円

デジタコ・無線・警報装置等

  4,800,000円

 

<2018年度>

新型車両導入費

                          

安全教育費用(適性診断・健康診断・社内研修等)

  350,000万円

法令点検整備及び修理費(11両)

  8,500,000円

無事故手当

  1,800,000円

ドライブレコーダー取付け費

  1,100,000円

 

 

実施研修

 ● H31.1.10 乗務員、雪道路線研修